敷金は安心して託す

貸主の独断で敷金を利用することは許されない

敷金の使用基準に関しては、現在でも貸主の独断によって決められてしまうことがあります。 しかし、これに関しては法律的には許されていないことを知っておかなくてはいけません。 賃貸借契約は様々な契約によって貸主と借主双方を保護するものになっているのです。 一方だけが損をするような契約は絶対に締結させることが出来ないため注意をしなくてはいけません。 敷金に関しては、過去の度重なるトラブルによって一定の基準が存在しています。 裁判の判例などからどのような基準ならば敷金を利用して良いかなどある程度決まっているのです。 賃貸借契約の場合は、その部屋で生活をすることを前提として敷金を支払うためまずはその常識を念頭に入れておかなくてはいけません。

小さな穴や傷は敷金の対象外

部屋を借りて日常生活を送っていると、借りている部屋の壁や床を傷つけてしまうことがあります。 では、このような壁や床の傷に対して敷金を利用することは出来るのでしょうか。 これは、傷の程度に依存すると言えます。 例えば、傷と言ってもその傷が日常生活の中で仕方なく付いたものならば敷金からお金を支出することは許されません。 家具を置いたりポスターを貼るときなどには壁に穴をあけたり床に擦り傷が残ったりします。 こうした傷は、日常生活を送る上で予測できるものであるためこうした修繕は貸主が自己負担しなくてはいけないのです。 賃貸ではこのような生活の中で生まれた当然の傷に関しては敷金を使えません。 これはどのような賃貸借契約に対しても言えることであるため、請求されたときには拒否して構わないのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright (C)2015 賃貸物件のことをもっと知ってもっと暮らしやすく All Rights Reserved.