持ち家との違い

分譲住宅は自分で好きにできる

分譲マンション不動産物件などや一戸建て不動産物件などの分譲住宅の場合は自分の持ち物です。 分譲マンション不動産物件の場合は室内以外は共用の部分なので、自分で自由に改装などをすることはできないですが、室内など自分の持ち物になるので、リフォームや形を変えたりと自由にすることができます。 しかし賃貸マンション不動産物件の場合は違います。 賃貸マンション不動産物件の場合になると、人から借りてるものになります。 引越しをするときには、不動産会社の方や大家に返さないといけないものになります。 だから自分で勝手に内装を変えたりすることはできなくなっています。 もし自分で住んでる際に手を加えたならば退去の時に元の状態に戻さないといけないです。

敷金できれいに元に戻す

その元の状態に戻すということがかなりの金額になってしまうので、あまり自分で賃貸マンション不動産物件を内装を変えたりする人は少ないです。 そして汚したり傷をつけたりすることをしないように気をつけないといけないです。 賃貸マンション不動産物件の場合は退去の際には原状回復が基本になっています。 引越しをするときには元の状態に戻して返さないといけないです。 だから傷や汚れなどがあった場合にははじめに払う敷金で修理などをしてもらうことになります。 きれいに使って帰すことによって、敷金を使うことなくそのお金も返ってきますので、借りてるものは傷などをつけないようにしておかないといけないです。 また画鋲などで穴を開けるのも控えるほうがいいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright (C)2015 賃貸物件のことをもっと知ってもっと暮らしやすく All Rights Reserved.